施行する前に知っておきたいフロアコーティングの注意点

施行する前に知っておきたいフロアコーティングの注意点

建物のリフォームというと、内装を大幅に変えるイメージがあります。

また費用も結構かかってくると思います。

けれど最近リメイクという言葉が注目されているのを知っていますか。

リメイクとは今住んでいる家や建物の美しさを保ちたい、長期にわたり保存していきたいという発想から清掃以上リフォーム未満といった施行を表します。

このリメイクをする場面においてもフロアコーティングの依頼件数は伸びているようです。

また新築購入時などにも既にオプションとしてフロアコーティングが含まれている事もあるので、一般の人でも気軽に工事依頼がしやすくなっています。

ではどんな床材にもフロアコーティングは出来るのでしょうか。

購入のオプションとして組み込まれているならしやすいですが、後から依頼する時に、そもそもコーティンングしていい床材なのかどうかで悩まれている方はたくさんいるようです。

基本的に床材ならばどんなモノでもコーティングは出来るようですが、柔らかい床材には適していない為、業者から依頼を断られるケースもあるようです。

しかし一度断られたけれど他社では施行出来る、といった、業者によった差もあるので、一社だけで見積もりや下見を依頼するのではなく、数社程度にみてもらい総合的に判断された方が良いでしょう。

フロアコーティングをする際にはそのフローリングにワックスがかかっているかどうか事前に知っておいた方がいいです。

これは業者によってもやり方は違ってくるのですが、フロアコーティング作業を行う前に元々塗られているワックスを全て取り除いてからコーティング作業を行うので、このワックスを剥がす作業に、場合によっては追加料金が発生してしまいます。

またキズがあまりにも多い場合には施行する前に多少の傷の修復作業をしておいた方がいいかもしれません。

傷がある上にコーティング作業をしてしまうと、その後補修が出来なくなる場合が多いからです。

せっかくフロアコーティングしたのに修復出来ない大きな傷が残って目立っている、という事がないように、事前に床のチェックは行っておきましょう。

またフロアコーティングはどうしてもフローリング部にだけに集中してしまいがちなのですが、風呂場やトイレ、またキッチンなどの場所にとても最適です。

そもそもコーティング作業を行えば掃除が比較的しやすくなるという利便性がある上に、防水機能も優れているので、水回りやタイル材といった、本来少し手入れのしにくい場所に特化しているのです。


Comments are closed.