フロアコーティングの種類とは?

フロアコーティングの種類とは?

ではフロアコーティングの種類にはどういったものがあるのでしょうか。

コーティング剤にはそれぞれの特徴を揃えた様々な種類があるのですが、大きく分けて四種類。

ガラス・UV・シリコン・ウレタンコーティングと呼ばれるものです。

耐久性の違いもありますが、光沢の違いもはっきり出ます。

ガラスコーティングは光沢こそ控えめですが特に耐久性に優れています。

また毒性の強い塗料を使わない事から安全性も高く、また後からでも部分的補修が可能な為に一般住居のフローリングに向いていると思います。

UVコーティングはそのガラスコーティングよりも耐久性や耐熱性に優れており、最も品質の良いコーティングとされています。

UVコーティングでは紫外線を照射する特殊な機械を使って塗料を乾かすので、他のフロアコーティングでは施行が一日以上かかるのに比べ、即日入居が可能であるのも特徴です。

ただそれだけ優れたコーティングである為、費用が一番高く設定されています。

シリコンコーティングはUVやガラスコーティングに比べて少し値段も安く、また床の滑りを抑制する働きが強いのでお年寄りや子供、ペットがいる家庭にも向いています。

また塗料自体も安全性が高く、光沢も綺麗に出ます。

ただ扱っている業者が少ないという面があるので、シリコンコーティングで施行したいと考えているならば、事前に取扱いの確認をした方が良いでしょう。

そして最後にウレタンコーティングですが、これはフロアコーティングの種類の中で耐久年数が一番短く、乾燥にも時間がかかりますが、費用が安く抑えられるという面と、自然な床材の風合いに仕上がるのが特徴です。

私的に一番お勧めなのがシリコンコーティングです。

耐久性、耐熱性、コスト面などを加味して一番バランスをもっているのではないでしょうか。

以上、フロアコーティングの代表的な方法四つをあげてみましたがこれはあくまで大まかに分類したもので、細かく分けるとまだまだ種類があります。

何を一番の基準とするのかは人によって異なりますので、しっかり調べて選んで下さい。


Comments are closed.