シートフローリングにもフロアコーティングがお勧め

シートフローリングにもフロアコーティングがお勧め

入居時や購入時に、フローリングはワックスフリーと書かれていたのでフロアコーティングをする意味はない、と考えている人は多いのではないでしょうか。

見た目が木質系である為、全てのフローリング材が木で出来ていると私達は思い込みがちですが、実は出回っている多くのフローリング材はシートフローリングという紙で作られている床材なのです。

シートフローリングは原価が安く抑えられる為にここ数十年で多くの業者が扱うようになりました。

このシートは木目の印刷を施した紙製の多層フィルムである為、木材よりも摩擦や圧力に弱く、メーカーは表面加工を施してシートを強化させます。

そしてこの処理をすればワックスを弾く材質となる為に、ワックスフリーと注意書きされているケースが多いのです。

しかしそもそもこの加工処理されている面が薄いので、木材よりもキズが付きやすいという性質に変わりありません。

フロアコーティングは従来のワックスとは違う性質なので、このシートフローリングにも施行できます。

またコーティングすれば防水性も強化されるので、シートフローリングの特質である水に弱いという弱点も軽減してくれます。

シートフローリングであればキズが付きやすいのが現状です。

もしも子供やペットがいる家庭ならばキズや汚れが頻繁に目につくのではないでしょうか。

また先にも書いた通り、シートフローリングは本来水に弱いという特性がある為ペットが床に尿をしてしまった場合劣化しやすいのも問題です。

コーティングをしていなければフローリングも痛みやすいという事実に加え、実はペットにとってもフローリングは滑りやすい為、足腰を痛める原因に繋がります。

お年寄りがいる家や介護などをしている家でも同様の事が言えますね。

フロアコーティングを行えば滑り止めの機能が備わっている他、シックハウスの原因にもなるダニやほこりも防ぐ機能もある為、ペットや子供がいる家には特にお勧めです。

またそういった家では特に安全面を気にされると思いますが、使う塗料剤などの面からいえば、フロアコーティングの中でもシリコンコーティングが最も安全だと思います。

たた自然乾燥の為に施行した後すぐに家に入れるわけではありませんので注意が必要です。

シリコン以外でも安全な塗料を使ってフロアコーティングする方法は業者によっても違ってきますので、費用面なども考えた上で相談された方がいいでしょう。


Comments are closed.